このブログの記事は、画像を紛失しているものがあります。
新ブログはこちらです。

英語学習について

基礎英語IIもとうとう最後の月になりました。

昨年度、基礎英語Iのタマザエモンをかわいいと喜んでいた私が言うのも何なのですが、この表紙の絵と話の内容が子供っぽすぎて「そんなアホな」といちいち白けてしまい、勉強!と思ってなんとかやっていました。

毎年2月頃になると、NHKから「来年度はどうします?」という案内が届きます。その中には英語のレベルチェックテストが入っていて、NHKラジオの多くの英語プログラムから、自分のレベルに合った番組を探すことができます。今回のテスト結果はちょうど基礎英語IIIが良さそうだったので、来年度はそのままIIIに進級することにして、申し込みをしました。来年度もロボコーパスのストーリーだと嬉しいのだが果たして…

しかし、いざ喋るとなるとてんでダメ。大阪や京都で、街頭で困っているふうの外国人旅行者には積極的に声をかけることにしています。尋ねられた場所や行き方はわかるのに、とにかく咄嗟の対応で簡単な言葉が出てこない。日本語で生活していて突然の切り替えに間に合ってないのもありますが、筆記のテストだとできるような簡単な文章でも全く出てこないし、相手がthank youと言ってくれても、sureもno problemも何も出てこずニッコリするのが精一杯です。あるおじいさんで、NHKのラジオで何ヶ国語も会得した人がいるんですけど、頭の中どうなってるんだろうか。まぁあきらめたら終わりですし、今後も自己研鑽の一環として英語は続けるつもりですが、ベラベラ喋れるようになんて永遠になれる気がしないわー。

コメント

  1. robbie より:

    英語、コツコツと続けているのですね。
    外国人観光客にもお声がけを、エライ!

    はじめて大阪に行ったとき、道に迷っていると、けっこう若い人が声をかけてくれて道案内してくれました。東京ではそんな経験なかったので感激しました。(こちらから聞けば教えてくれますが)

    • bon bon より:

      robbieさん
      テキストにお金を払うことで「お金払ってるんだから意地でもやらなきゃ!」となるので、勉強するには課金も必要だな~と思います。
      喋れないけど続けますw

      大阪でのエピソードはステキ。よかったですね。そういうこと一つで、その土地の印象が良くなったり悪くなったりもしますよね。
      私も、自分が知らない土地で困っている時に、親切な人が「どうしましたか」と言ってくれたらどんなに嬉しいか、と思うので、声かけするようにしています^^

  2. hiro より:

    日々の積み重ねが少しずつ結果に出てくると思いますよ~。
    積極的に外国人に話しかけるのも凄いと思います。間違っても堂々と話すっていうのが日本人は出来ないですよね(-_-;)
    bonさんは偉い!頑張って続けてくださいね~!(な~んて、人の事ばかり言ってられない・・・(>_<))

    • bon bon より:

      hiroさん
      結果に出てくれることを願ってこれからも続けます!次のハワイ旅行でちょっとでも喋れたら良いのですが。
      私はNHKのテキストを年契約し、イヤでもやるしかない状況に自分を追い込んでます。お金がもったいないと思うとがんばれますよ(笑)

タイトルとURLをコピーしました