このブログの記事は、画像を紛失しているものがあります。
新ブログはこちらです。

藤枝で原木しいたけと出会い、静岡おでんを食べて帰った話。

秋の旅行もとうとう帰る日です。静岡県藤枝市のホテルオーレをチェックアウトしたら、近くで行きたい場所がありました。と言いますのも

ホテルの部屋でNHKをつけていたところ、夜のローカルニュースで「郵便配達の車が農産物を集配するサービスをスタートした」と藤枝市の話題。そこで紹介されていたのがなんと原木しいたけ農家でした。原木しいたけ好きの私が藤枝に来てるのを何故知っている?!

実は藤枝市は日本有数の乾しいたけの集散地で、全国の干ししいたけが集まってくるらしいのですが、山間部では原木しいたけの栽培農家も複数あるしいたけの町なのです。ニュースでは、藤枝市の原木しいたけ農家が郵便配達の車にしいたけを預け、JA直売所のまんさいかんへ運ばれる様子が放送されていました。

帰る前日にこのニュースとは予期せぬ好機

まんさいかんへ行くぞーー!(=゚ω゚)ノ

で、翌朝チェックアウトのあと一番にやってきたまんさいかん

なんたる事か、月に一度の定休日でした。定休日の前日にニュースをするのはわざとなのか。隣の建物のJAは開いていたので職員の方に聞いてみても、ここら辺で原木しいたけを売る店はわからないとのこと。※すごく親切に接して下さいました。

しょうがないのでこのエリアで他の農産物直売所を探して行ってみましたが、原木しいたけは置いてない。しいたけの町へ来てしいたけが買えないなんて…。で、ダメもとで直売所のレジにおられたお母さんたちに聞いてみたのだ。

すると!!!なんとそのうちお一人のご親戚が原木しいたけを栽培されていると言うではありませんか。親切なお母さんがた、早速携帯電話で連絡を取ってくださり、そのご親戚の方から直接売ってもらえることになったのです。成り行きですが、こんなことってあるんだ!

教えられた場所は山の中です。茶畑だらけの風景を見ながら車は山へ

ぎゃー!拙者はセンターラインのない細い道は、運転するのも助手席に座っていても怖くてだめ!夫は昔に営業車で山間部を走りまくって慣れたそうです。

そうしてたどり着いたとある集落の、とある個人のお宅を訪ねて見せてもらったのは、山のような原木しいたけ!うわーカゴにいっぱい、カサの内側真っ白ですね!

原木しいたけという高級品を、まさかの一キロ1,000円という生産者価格で販売して頂きました。値段だけでなく、直売所のお母さんが「そりゃあまんさいかんで買うよりも新鮮だよ」と仰っていましたがその通りで、拙者はもう

という感じでございました。紹介して下さった直売所のお母さんに、無事購入の報告とお礼の電話し、意気揚々で帰路につくことになりました。まんさいかんが定休日だったのも何かの縁だったのね。

掛川PA(パーキングエリア)下り

午前中は原木しいたけのために駆けずり回り、気づけばもう13時を回っております。新東名高速、掛川PAで休憩。ここが静岡エリア最後の休憩地点となるでしょう。

静岡県菊川市(静岡県西部)に本社のあるたこまんの商品がありました。ここはまっとうな材料を使っていながらリーズナブルなお値段が魅力で、静岡方面へ来たらつい買ってしまうおやつ屋さん。帰りの高速PAで出会えてラッキー。

掛川お茶メロンパンなんていうものも。

さて、朝がビュッフェだったのでそうお腹もすいていませんが、時間的にはもう昼を過ぎているので、軽く食べることにします。

ドライバーズスポット天神屋

静岡県人の台所と呼ばれる天神屋。お弁当やお惣菜、静岡おでんが手軽な値段で楽しめます。

静岡県人のこころ、それは静岡おでん。

おむすびとおでんなどのお得なセットもありました。

サービスエリア内の店舗はこぢんまりとして品数は少なく、拙者お気に入りのポテトサラダはありませんでしたが、主力商品は揃っているという感じ。

窓際にあるカウンター席で食べていきます。

左が私のおでん、右が夫のおでんとおむすび。

大根、こんにゃく、ウインナーを選びました。一つずつ串刺しになっているのが静岡おでん。そしてだし粉という、かつお節・青のりのブレンド粉をかけるのが静岡おでんなのです。夫はさらに、静岡おでんの完成形とでも言うべき味噌だれもつけていました。

この後は休憩を挟みつつひたすら西へ走り、18時ごろ無事に家に帰りました。秋の旅行ブログ行程は以上です。次の記事では最後のまとめとして、買ってきたものなどアップします。まぁほとんど干しシイタケとかしいたけですけど、せっかくなのでご覧下さい。

コメント

  1. robbie より:

    bonさま
    こんばんは~。
    まるで最近流行りのアポなし旅番組みたいですね。
    生産者から直接買えるなんて夢みたい。
    原木しいたけ・枝豆・ブロッコリーは特に取れたてが最高!だと思います。

    bonさんご夫婦の人柄が、お店の方の心を動かしたのではないでしょうか。
    こういったハプニングがあるから、旅はやめられないですよね。

    • bon bon より:

      robbieさん
      おはようございます。
      おっしゃるアポなし旅番組、「そりゃあ鶴瓶が行ったらみんな親切にしてくれるでしょ!」とナナメに見ていましたが、成り行きとはいえまさかこんなことになるなんて。という感じでした。
      しいたけ農家のお父さんは、なぜか突然鮎の取り方を実演してくれたり…(土の上で網を投げて見せてくれた)、仕込みなし旅番組さながらの触れ合いを体験しました。

      思い切って声をかけてみる、というのも大切ですよね。冬のミュンヘンでは散々で傷心でしたが…今でも、あれ(人々の当たりがキツい)は何だったのだろう?と思います。

  2. hiro より:

    生産者から直接購入できて良かったですね~!
    bonさんの熱意が伝わったんですね(^^)

    こちらは椎茸の産地なので、最近はスーパーでよく原木しいたけを見かけるようになりました。先日も生産者コーナーで見つけたので購入し、天日干しして食べてます!美味しいですよね~♪

    • bon bon より:

      hiroさん
      ありがとうござます^ ^

      スーパーにも原木しいたけが並ぶようになったんですか、すごーい!
      藤枝市でもスーパーには菌床しかなかったです。直売所のお母さん方も「高いもんね」と仰っていたので、地元の人にも普段使いではないんだな、と思いました。

      でも食べたら本当に美味しいですし、hiroさんのところのようにスーパーで選べるようになれば良いのになぁと思います。
      まぁでも、大阪で売られるとしても高級でしょうし、やっぱり普段はぶなしめじばかり買ってしまいそうですが…^^;

タイトルとURLをコピーしました