初詣と菊屋の葩餅(はなびらもち)

さて毎年恒例の初詣はいつもの天神さんへ

大阪天満宮

いつもながらすごい人出です。

まぁ、大晦日から日付が変わるころの京都・八坂神社の比ではないですが。

人混みが嫌いな私たち…初詣なんて行きたくねぇというのが本音とするところです。しかし、この行事をやめてしまうと、正月休み中こもりきりになるので、なんとか気合で出かけています。ふと思い立って尋ねてみると、夫の実家も皆で初詣に出かけるような家庭ではなかったらしく、全員揃ってなんて行ったことがないらしい。そういう意味でも似ている相手だったということが今になってわかりました。

大阪シティバスのゼブラバス

大阪天満宮のある南森町で、大阪シティバスのレトロな「ゼブラバス」を見ました。大阪シティバス保有の530台のうち7台しかないレアバスなのに、わりとちょいちょいと見かけるのが不思議。

さて、お参りをさっさと済ませて(罰当たり)帰りに買ったのは、こちらもお正月恒例の菊屋の迎春生菓子。

菊屋の箱

菊屋は大阪どころか京都の人からも一目置かれるほどの和菓子店。それなのに箱が…箱が…私が子供の頃から何十年も、ずっとちゃんとした箱だったのに

菊屋 箱が簡素化

ここ数年からこういう安っぽい箱になりました。ああ、どこもかしこも経費を削減するばかりでつまらんのぉ。

はなびらもちとお抹茶

ひとつ450円の生菓子を買っているのに…ってしつこいですね。

でも他ではやたら着色料を使って、華やかに装っているものも多い中で、菊屋の葩餅(はなびらもち)は自然そのものの色味で品があって大変よろしい。

菊屋のはなびらもち

味もごぼうの土っぽい香り、金時人参の甘みといった、素材そのものの風味を主役にした逸品。餡も白味噌の自然な甘さです。

菊屋のはなびらもち断面

花より団子と申しますが、私もこういった買い物を楽しみに初詣に出かけているようなもの(ええいこの罰当たりめー)。

初詣の日に食べたランチはまた別記事で。

コメント

  1. 高兄 より:

    bonさん、こんにちは

    新年、明けましておめでとうございます

    はなびらもち

    お正月はやはり、これですね

    京都の有名どころと、食べ比べしてみたいですね^^

    本年も、宜しく御願いいたします

    • bon bon より:

      高兄さん
      明けましておめでとうございます

      昔、いろいろ食べ比べてみましたが、結局これが一番好きなので他のを買わなくてなりました。ただ、うなぎと同じで、人それぞれ「自分はこれ」というものがあるのかな〜と思います。

      こちらこそ、よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました