このブログの記事は、画像を紛失しているものがあります。
4月には引っ越し予定のため、恐れ入りますがしばらくお待ちください。

御前崎海鮮なぶら市場【静岡県御前崎市】

台風19号が東日本を蹂躙する前、我が家は秋の旅行へ出かけておりました。日本海カニツアーは隔年とし昨年行きましたので、今年は東の方、目的地は静岡・伊豆でございます。

御前崎

まずは静岡県は御前崎市です。気象情報で名前を聞く、静岡県の砦みたいなところです。太平洋に面した温暖な気候の、南国ムードたっぷりなヤシの木通りを走り…

御前崎

Welcome Omaezakiと亀がお出迎えしてくれる看板が見えると、もうすぐ海。もうすぐ目的地です。

御前崎海鮮なぶら市場
なぶら市場カツオ

でっかいカツオが目印の、海産物お土産市場です。休日の午前中、車がいっぱいでとても活気がありました。 「なぶら」とは漁師言葉で、かつおなど魚の群れのことを言うそうです。

なぶら市場店内

店内には生もの、乾物を取り扱うお店がズラっと。お会計はそれぞれお店ごとです。別館に食堂もありますよ。

生カツオ

生のかつおがあるのはもちろん

金目鯛などのおさかな

金目鯛などのお魚もいろいろ。しかし私たちは今日帰るわけでもないので、生ものは見るだけ。買いたかったのは…

マルミツ鰹節店の削り

乾物類でございます。なかでもこちらは、テレビ番組人生の楽園でやっていた 、江戸時代から続く『手火山式』という製法でつくられた鰹節。出来上がりまでに6か月もかかり、手間暇だけでなく技術が必要なため、昭和の時代にはこのあたりに50軒ほどあった鰹節工場もいまや数軒になってしまったそう。その貴重な鰹節が食べてみたくて、ここまで来ちゃいました。

買ったもの

買ったものはこれら、鰹節、海苔でした。

乾物いろいろ
御前崎のカメ

御前崎市は まとまった数のウミガメが産卵のために上陸してくる日本の北限として貴重な場所なんだそうです。この亀キャラ、名前を調べたのですがわからず。昭和なテイストが一周回って今かわいく見える。

現在、午前11時ごろ。次はもうちょっと東に進んでランチです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました