このブログの記事は、画像を紛失しているものがあります。
4月には引っ越し予定のため、恐れ入りますがしばらくお待ちください。

休暇村南伊豆にチェックイン

16時頃お宿に到着しました。ふう、朝6時過ぎに家を出てからここまで遠かったー。私の宮崎の親戚で、子供が埼玉県にいるからと、車で宮崎から埼玉まで行っちゃう伯父がいるのですが、全然疲れないらしくホンマかいなと思います。私なんて運転しても助手席でも疲れます。さぁ、竜宮城で疲れを癒しますよ~。

今回はこちらにお世話になります。

休暇村 南伊豆
休暇村南伊豆の玄関

前回宿泊してお気に入りとなった、休暇村南伊豆です。人里離れた伊豆半島の南端…と思いきやここは人だらけで、首都圏の人口がいかに多いかを感じさせられます。

ロビー

明るくゆったりとしたロビー。人の途切れたタイミングに激写。

本日のウェルカムドリンク

本日のウェルカムドリンクとして冷たいハーブティーが用意されていました。ハイビスカスベースのお茶は飲みづらいこともありますが、こちらはパインやレモンピールですっきりした甘さがついていて、とても美味しくいただきました。嬉しい気遣いで、こういう些細なひとつひとつがお宿の満足度アップに繋がっています。

それでは早速お部屋に入ります。

和洋室

今回は和洋のお部屋でいただきました。

休暇村南伊豆のバルコニー

全室海側・バルコニー付きで、目の前には松林の防風林、その先には弓ヶ浜が広がり、窓を開ければ部屋の中まで潮騒が聞こえてきます。かんぽの宿や休暇村は眺めの良いところは多いですが、海まで1分という立地はここが初めてです。

お部屋から見るバス停

ベランダから駐車場が眼下に見えます。休暇村南伊豆には路線バスの停留所もあり、バスで来られるお客さんがひっきりなしに出入りされています。

東海バスの休暇村バス停

これが駐車場にある休暇村バス停です。本数は1時間に1~2本。

それではお部屋の中を簡単に紹介します。

テレビ

テレビは薄型、

冷蔵庫やポットなど

冷蔵庫はツインバード製。あとはお約束のポットや冷水の入った魔法瓶。

お茶セット

これぞ休暇村なお茶セットと、売店で売られているお菓子。

たんすの中

浴衣、浴場に行くときに使えるカゴ、また洗濯物干しも用意されていました。浴衣はたいていサイズが合わないので、私は部屋着を持参しています。

洗面所

洗面所です。お部屋は古めかしいのですが少しずつリノベーションされているようで、水回りはきれいな印象で気持ちよく使えました。

ポーラのハンドソープ

ビジネスホテルなどでも採用されているポーラのハンドソープ。

あと大浴場のアメニティも、かんぽの宿・休暇村でおなじみ馬油シリーズ、資生堂シリーズだけでなく、ハーブの香りの新たなシリーズが置いてああり、そちらはヌルヌルした洗いあがりもなく良かったです。

休暇村南伊豆外観

休暇村南伊豆の外観はこんな感じ。全室、海向き〜!

ベランダでズーミンの記念撮影

当ブログお約束のズー君記念撮影。10月なのでハロウィンかぼちゃのバッグを持たせてます。

基礎英語2のテキスト

夕飯まで少し時間があるので、私はNHKラジオのアプリで英語の復習をして過ごします。昨年は基礎英語1をやっていたので、そのまま素直に2にアップしました。ただ、内容的には3のほうが好き(ロボコーパスというロボットが出てくる)なので、飛び級してもよかったかも…

続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました